地球と暮らしの為に!リサイクルが必要な3つの理由

リサイクルを通じて資源を有効活用する

ゴミが資源になるまでのステップ

毎日当たり前の様に使い、捨てているゴミが再利用されるまでのステップを公開しています。ゴミにもいくつか種類があり、ガラス類、アルミ・スチール缶、ペットボトルなどがポピュラーです。
ガラス瓶に関しては細かく砕かれた後は再度瓶として生まれ変わります。瓶は生成の際にコストがかかるので、リサイクルすれば無駄なエネルギーを使う事もありません。
アルミ・スチール缶は高温で溶かして、半数は同じ缶に生まれ変わるのですが、もう半数は鉄筋や鉄骨、鉄板の材料にする為の加工が施されます。
ペットボトルはかなり多くの製品にリサイクルされる資源で、医療品や運動用具、文房具、日用品など生活に身近な製品のほとんどにリサイクルされます。

資源エネルギーの使い道

リサイクルされて資源となった物は私達の生活に深く寄り添ってくれます。それはリサイクルされたエネルギーも同じです。
そもそも資源エネルギーは、自然界に存在するエネルギー源を指していて、太陽から発せられる光源を太陽電池にしたり、流水の運動を応用して水力発電を行ったりします。これらのエネルギーは自然界にあるもので応用しているので、環境破壊をする事も無く多くの方に支持されています。
近年では太陽光を使って電気を作り、それを売買して利益を得るのが個人で出来る様になっています。何でも人工的に作るのでは無く、ある物を利用するのがリサイクルになりそれが地球環境にも貢献します。今度もエネルギー資源は注目を浴び、開発が進められています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top